i used to be you


I got on this time machine with a mix of curiosity and a bit of fear.

Hanging in the back of a shop in Brooklyn, an unassuming grey wig caught my eye. It looked odd among the countless flashy wigs in every possible color and style. The loud shop seemed to quiet down to a whisper as I stared at it.

Kikuchiyo-san, a fictional woman, decades older than me, wandered the city I call home. She loved exploring—riding the subway, experiencing New York’s abundance of museums and parks. Taking walks on sunny days. Taking walks on snowy days. Countless seasons passed.

When I returned from the time travel, the sound of the streets, the laughter from passersby, car horns and singing birds could all be heard from my apartment window. The familiar sounds were bright and lively—how strange, how wonderful.

I sometimes wonder what would happen if I ran into Kikuchiyo-san in a crowded train station or during a walk in the park. I imagine her looking straight into my eyes and quietly saying, “I used to be you.” 



ふらっと立ち寄ったブルックリンのある店の奥で 、なんでもない普通の白髪のカツラが目に入ってきたのです。ありとあらゆる色やスタイルの派手なウィッグが並ぶその店で、少々古ぼけたようにも見える白髪のカツラに私は引き寄せられました。そのカツラを見つめていると、賑やかだった店内の音が遠く消え入るように静かになりました。

キクチヨさんは、何十年か後、 自分が歳を重ねた時のことを想像し生まれた架空の女性です。彼女は私が暮らすニューヨークの街を歩き回り、地下鉄に乗り、数え切れないほどある美術館や公園も楽しみます。天気のいい日は散歩に出掛け、雪の降る日も気が向けば散歩に出掛けます。そうして、いくつもの季節が過ぎました。

時間旅行から 戻ったとき、アパートの窓からは街の喧騒、過ぎ行く人たちの笑い声、車のクラクションや鳥がさえずる音が入ってきました。慣れ親しんだはずのそれらの音が不思議に響き、生き生きとしたものに感じられました。それはとても素敵な感覚でした。

ときどき頭に浮かぶことがあります。混雑した地下鉄の駅や散歩中の公園で、もしキクチヨさんに遭遇したらどうなるか、と。彼女はきっと私の目をまっすぐに見ながら 「私はかつて、あなたでした」と静かな声で言うでしょう。

For more information on I Used to Be You book, please go to here.